半沢直樹2020

【半沢直樹2020年版】最終回感想。悪徳政治家・箕部を成敗!信念と希望を持てば必ず道は開ける

半沢直樹(2020年版)の第9話では、 私腹を肥やしていた与党幹事長の箕部が成敗され、 すべての膿をきっちり洗い流すことができました。 半沢は頭取に無礼を働いた責任を取って辞職しようとしますが、 まさかの「あの人」が止めに入って、銀行に残るこ…

【半沢直樹2020年版】第9話感想。いざ最終決戦へ!千倍返しの相手は箕部、中野渡、そして・・・

半沢直樹(2020年版)の第9話では、 箕部と伊勢志摩ステートをめぐる利権が明らかとなり、 それに手を貸した旧東京第一銀行の闇が暴かれました。 しかし頭取の中野渡と、 仇敵の大和田が箕部についてしまったため、 半沢は絶体絶命のピンチに立たされて…

【半沢直樹2020年版】第8話感想。初の敗北?最凶の敵は政界のドンだ!

半沢直樹(2020年版)の第8話では、 東京中央銀行に隠された過去の事件が明るみになり、 そのことで正解のドン・箕部の不正な金の流れの一端が見えました。 金融庁を辞めることになった黒崎が、 「伊勢志摩ステートを調べなさい」と半沢に言っていたの…

【半沢直樹2020年版】第7話感想。白井大臣失脚!東京中央銀行の巨大な闇とは?

半沢直樹(2020年版)の第7話では、 東京中央銀行をはじめ、帝国航空を支援する複数の銀行が、 白井大臣とタスクフォースに対して債権放棄の拒否を宣言しました。 債権放棄というのは、借金を踏み倒されてしまうことですから、 銀行としてはたまったも…

【半沢直樹2020年版】第6話感想。衝撃の業務改善命令!行内に潜む裏切り者は誰だ?

半沢直樹(2020年版)の第6話では、 金融庁に出戻った黒崎の来襲と、国土交通大臣・白井の暗躍で、 東京中央銀行が窮地に立たされました。 半沢の活躍によって、 帝国航空の改革が徐々に進んでいた所ですから、 とても残念に思いました。

【半沢直樹2020年版】第5話感想。卑劣な裏切り者とタスクフォースの横暴を許すな!

半沢直樹(2020年版)の第5話では、 帝国航空の抜本的な改革を提案する半沢に対し、 大反発するスタッフたちの姿と、政治の闇の一端が描かれました。 帝国航空編の初回でしたが、 敵味方ともにキャラが立っていて、とても面白く見れましたよ。

【半沢直樹2020年版】第4話感想。東京セントラル編決着!大和田とはまさかの最凶バディ?

半沢直樹(2020年版)の第4話では、 東京中央銀行の役員会議で電脳の粉飾決算が明るみになり、 伊佐山と三笠が失脚することになりました。 銀行の危機を救ったことで、 半沢は出向前の営業第二部次長に返り咲きましたが、 頭取からはとんでもない仕事を…

【半沢直樹2020年版】第3話感想。黒崎とは腐れ縁?白熱するITバトルと逆買収の行方

半沢直樹(2020年版)の第3話では、 長年の宿敵・黒崎の華麗なる登場と、 伊佐山らの陰謀を打ち砕くため、 スパイラルがフォックスを逆買収するという話が描かれました。 黒崎は前作で岸川の娘と結婚したはずなんですが、 オネエ言葉は相変わらずでした…

【半沢直樹2020年版】第2話感想。買収からスパイラルを守る?ホワイトナイトは偽装した敵だった!

半沢直樹(2020年版)の第2話では、 電脳雑技集団の敵対的買収からスパイラルを守るため、 「新株発行」という防衛策が浮上しました。 これで全て丸く収まるかと思いきや、 この策には巧妙な罠が潜んでいたのです。

【半沢直樹2020年版】第1話感想。これぞ令和の時代劇!倍返しは流儀ではなくモットーになった?

半沢直樹(2020年版)の第1話では、 東京セントラル証券に出向になった、 半沢直樹の新たな戦いが描かれました。 新シリーズでは東京中央銀行時代の宿敵・大和田に加えて、 半沢に個人的な恨みを持つ伊佐山が、 大きな壁となって立ちはだかるようですね…