妙香のドラマ感想ダイアリー

好きなドラマやブログのこと、たまに音楽の紹介もします。

【ノーサイド・ゲーム】第6話感想。君嶋が本社復帰?再建中のアストロズはどうなるのか

f:id:sakura_9_go:20201004022812j:plain

 

ノーサイド・ゲーム】第6話では、

サイクロンズに負けたアストロズの予算がどうにか通り、

廃部の危機を免れることができました。

 

しかしそれは、アストロズの生みの親である、

島本社長の助け舟によるものでした。

 

アストロズにはまだまだ課題があり、

君嶋はGMとして奮闘しなければならないのですが、

まさかの本社復帰の話が持ち上がります。

 

君島はいったいどんな決断をするのでしょうか。

 

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】本社復帰のチャンスが来た君嶋だが・・・

 

アストロズはプラチナリーグを2位という好成績で、

今シーズンを終えました。

 

選手たちの労をねぎらう君嶋(大泉洋)でしたが、

優勝できなかったことには悔いが残りました。

 

取締役会では、善戦したことを報告するものの、

滝川(上川隆也)から予算案にNGを出されてしまいます。

 

しかし島本(西郷輝彦)の進退をかけた言葉で、

アストロズの予算は承認されたのです。

 

君嶋は廃部を免れたことを選手たちに伝えます。

ひと安心してはみたものの、

島本の言葉がなければ予算は通らなかったので、

君嶋は複雑な気分になるのでした。

 

滝川がカザマ商事の買収を着々と進める中、

君嶋は元上司の脇坂(石川禅)に呼び出されました。

 

脇坂は滝川がトキワ自動車の社内で力を持つことを恐れており、

君嶋に本社で一緒に戦ってほしいと思っていたのです。

 

その返答は1カ月以内でした。

 

アストロズは観客動員数が増えたものの、

プラチナリーグを運営する日本蹴球協会が変わらなければ、

黒字転換することは不可能です。

 

柴門(大谷亮平)は日本蹴球協会は典型的な縦社会で、

会長の富永(橋幸夫)がトップダウンで仕切っているため、

組織を変えるのは難しいと言いました。

 

しかし君嶋は本社に復帰するために、

GMとして最後の仕事をしようとしていました。

 

それは今後のアストロズの運営方針に、

確かな道筋をつけることでした。

 

GM会議に出た君嶋は、プラチナリーグの興行に対して、

思い切った改革を提案します。

 

しかしサイクロンズのGM・鍵原(松尾諭)や、

専務理事の木戸(尾藤イサオ)が反対し、

意見は却下されてしまうのでした。

 

 

【感想】純粋な人こそ世の中に必要だ

 

このドラマのコンセプトは、

『負けたままでは終われない。何度でも挑戦する』ということなんですね。

 

ラグビーというスポーツは、

何度タックルされて倒れても、起き上がって挑んでゆくスポーツですが、

その姿勢が諦めずに人生を戦うことに通じているんです。

 

君嶋が蹴球協会の専務理事に対して、

『あなたたちが変わるまで、私は何度でもぶつかります』と言いましたが、

これはもう、ラグビーのタックルじゃないですか。

 

君嶋はラグビーに関してはまったくの素人ですし、

しかも大学時代の柴門に嫉妬していたので、ラグビーが苦手になったんですが、

今じゃまったくそんなことはありません。

 

本当にラグビーが嫌いだったら、脇坂の誘いに即座に応じて、

すぐさま本社に戻っていますよ。

 

君嶋はひねた性格なので、

素直に「ラグビーが好きだ」と言えないんです。

 

でも中途半端にアストロズのことを投げ出してしまっては、

あとあとまで後悔が残るでしょうし、

府中工場サイドから責任も問われるでしょう。

 

脇坂は同期の滝川に先を越されるのが嫌で、

有能な君嶋を呼び戻したかったんですが、

意外と自己中な性格なんですね。

 

理想の上司というのは、

部下がどこで活躍しても温かく見守り、

声援を送ってくれるものですから。

 

あと、ついに七尾がアストロズに加入しました。

 

世界の強豪・オールブラックスに在籍していた人なので、

ドロップキックを3本決めるなど、なかなかのチート振りでした。

 

ところがサイクロンズは七尾ではなく、濱畑を引き抜くみたいです。

 

もし私が津田監督の立場だったら、

高齢の濱畑ではなく、若い七尾のほうを引き抜きますが・・・

 

とはいえ、アストロズの精神的支柱である濱畑を引き抜くことで、

サイクロンズは敵のメンタルダメージを狙っている可能性がありますね。

 

ラグビーで戦う男たちは強いですが、

女性陣も負けてはいません。

 

君嶋の妻・真希はしたたかな鬼嫁ですが、

居酒屋「多むら」の女将さんも強烈な人です。

 

アストロズの選手に対して「馬鹿」を連呼したので、

ハラスメントにならないかと心配しましたよ。

 

でも、彼女のセリフを聞いて、

米津玄師さんが歌う主題歌の意味がわかりました。

 

このドラマの中で戦う男たちは、良い意味での「馬鹿」なんです。

 

君嶋は頭がいいくせに、

根回しなしで蹴球協会の改革に乗り出しますし、

柴門やアストロズのメンバーは、文字通りラグビー「馬鹿」です。

 

普段は温厚そうな島本社長も、

サイクロンズに対して並々ならぬ闘志を燃やしていますよね。

 

彼らの「馬鹿」というのは、

世間一般でいわれる否定的な「馬鹿」ではなく、

「純粋」いう褒め言葉に置き換えることができます。

 

こういう希少価値で熱い人間は、

この世知辛い世の中に、いちばん必要ではないかと思いました。