妙香のドラマ感想ダイアリー

好きなドラマやブログのこと、たまに音楽の紹介もします。

【ノーサイド・ゲーム】第9話感想。滝川が失脚!君嶋の本当の敵は信頼する脇坂だった

f:id:sakura_9_go:20201004022812j:plain

 

ノーサイド・ゲーム】第9話(再放送)では、

カザマ商事が行った不正が明らかになり、

買収を進めていた常務の滝川が失脚してしまいました。

 

滝川はトキワ自動車を混乱させた責任を取って、

子会社に飛ばされることになってしまったのです。

 

代わりに常務になったのは、君嶋の元上司の脇坂でしたが、

昇進した彼は、人が変わったようになってしまうのでした。

 

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】天敵のリタイヤで順風満帆のはずが

 

トキワ自動車の取締役会で、

カザマ商事買収の最終議論が行われました。

 

その席上、君嶋(大泉洋)はカザマ商事の不正を暴き、

買収を進めるのは妥当ではないと発言します。

 

滝川(上川隆也)は企業調査は済んでおり、

まったく問題はないと答えました。

 

しかし君嶋は、カザマ商事の社長・風間有也(中村芝翫)が、

府中カントリークラブの青野(濱津隆之)を通して、

帝国工科大学の森下(辻萬長)を買収した証拠を提示します。

 

カザマ商事のバンカーオイルはかつて、

重大なタンカー事故の原因になったのですが、

風間は森下にデータ偽装をさせて、

何食わぬ顔で滝川に買収話を持ちかけたのでした。

 

滝川は思わぬ事実を突きつけられて困惑します。

 

こうしてカザマ商事買収の一件は、なかったことになるのですが、

君嶋を使ってカザマ商事の不正を暴かせたのは、

経営戦略室の室長・脇坂(石川禅)でした。

 

滝川は常務の任を解かれ、子会社に出向となりましたが、

脇坂はトキワのピンチを救ったとして、

滝川の後任の常務になります。

 

君嶋は脇坂が昇進したことを喜びますが、

アストロズにとっては思わぬ事態が待ち受けていたのです。

 

 

【感想】脇坂は徹底した合理主義者だった

 

いや、脇坂は怖い人です。

 

カザマ商事の買収を滝川失脚のために利用し、

君嶋には「良き上司の顔」を見せて振る舞っていたんですから。

 

池井戸作品は最初から敵がハッキリしている話が多いんですが、

ノーサイド・ゲーム】の場合は、

滝川がそのままラスボスだとあっさりしてしまうので、

ひねった設定にしたんですね。

 

脇坂がアストロズに対して冷淡なのは、

企業人として不採算部門をカットしたいという理屈もありますが、

何らかの理由があって、筋金入りのラグビー嫌いなんでしょう。

 

ラグビーは英国発のスポーツですが、

泥臭く、あまりスマートとは言えないものなので、

脇坂のような頭脳派の人間は苦手に感じるのかも知れません。

 

そういえば、君嶋もGMになった頃は、

ラグビーなんか消えてなくなれ」と思っていましたが。

 

とにかく脇坂は、

自分の計画のために君嶋を利用しなければならなかったので、

嫌々ながらも君嶋のGMとしての愚痴を聞き、

ずっと理解者の振りをしていたんです。

 

脇坂の本性は「嫌いなものは徹底的に排除する」という、

泣く子も黙る合理主義者でしたが、

戦国時代ならともかく、人の和を大事にする現代では、

いちばん危険で厄介な人間ですね。

 

君嶋はとんでもない敵と戦うことになってしまいましたが、

脇坂を倒さなければ、アストロズに未来がないので、

ナイスタックルを決めてほしいです。

 

あと滝川のエピソードには号泣しました。

 

私も中学生時代、家がすごく貧乏で、

お金持ちのクラスメートにバカにされたことがあったので、

「軽薄でイヤミな風間を見返したい」という、

滝川の気持ちが痛いほどわかりました。

 

ただ、貧困にあえいでいた滝川が、

どんな風にしてトキワ自動車の常務になったのか、

経緯がまったくわからなかったので、

続編などでそれが語られるとありがたいです。