妙香のドラマ感想ダイアリー

好きなドラマやブログのこと、たまに音楽の紹介もします。

【ノーサイド・ゲーム】最終回感想。悲願の優勝!アストロズの名よ世界に轟け

f:id:sakura_9_go:20201004022812j:plain

 

ノーサイド・ゲーム】の最終回(再放送)では、

カザマ商事買収案件の黒幕である脇坂の退場と、

アストロズVSサイクロンズの死闘が描かれました。

 

君嶋とアストロズの活躍は本当にカッコよかったですね。

 

このドラマに感動した人はみんな、

ラグビーが大好きになったのではないでしょうか。

 

 

 

www.tbs.co.jp

 

 

 

【あらすじ】蹴球協会の改革とラスボスとの戦い

 

アストロズはサイクロンズとの決戦を前に、

府中工場のグラウンドで公開練習を行っていました。

 

そこに黒いスーツ姿の見知らぬ人物が現れます。

不審な人物かと思いきや、彼はブルズのGM・赤木(櫻井翔)でした。

 

赤木は画期的な改革を進めるアストロズから、

チームの運営方法を学ぼうと思い、 その様子を見学に来たといいます。

 

君嶋は他チームに改革の賛同者が現れたので、

蹴球協会へと出かけて行きました。

 

しかし君嶋の熱意は伝わらず、

あっけなく門前払いされてしまいました。

 

そんな君嶋に柴門(大谷亮平)は、

蹴球協会専務理事の木戸(尾藤イサオ)が、

周囲の反対を押し切ってワールドカップを誘致したことを語ります。

 

またアストロズの岸和田(高橋光臣)らは、

どんな状況になってもサイクロンズに勝つと宣言。

 

仲間の闘志に奮い立った君嶋は、

取締役会で脇坂(石川禅)と戦うことを決意しました。

 

 

【感想】視聴率は平凡だったが池井戸作品屈指の名作

 

本当に素晴らしいエンディングでした。

 

前半はトキワ自動車での君嶋の戦い、

後半はアストロズVSサイクロンズの試合と、

2部構成になっていたのは秀逸です。

 

プラチナリーグの決勝であるサイクロンズ戦のピッチは福島でした。

 

でも、満員の観客席の映像は、

わが地元・正田醬油スタジアム群馬(前橋市)で撮影を行ったんですよ!

 

 

 

陸王」や「下町ロケット2018」でも、

前橋市高崎市がロケ協力を行いましたが、

ノーサイド・ゲーム」もそうだったとは感激です。

 

もともと故郷の前橋は大好きですが、

お気に入りのドラマのロケに使われたので、

ますます愛着が湧いてしまいました。

 

池井戸作品はよく「時代劇」に例えられます。

 

脇坂が失脚するシーンは、

懐かしの「遠山の金さん」のようでスカッとしましたね。

 

「遠山の金さん」でも悪人は証拠を出せと言い張り、

そこで重要な証言をする人物が登場します。

 

風間社長のような軽薄で面白いキャラもよくいました。

 

それでも悪人が白を切る時は、

お奉行の金さん本人がトレードマークの桜吹雪を見せて、

一件落着に持ち込みました。

 

ちなみに島本社長を演じた西郷輝彦さんは、

昭和の人気時代劇「江戸を斬る(第2部~第6部)」で、

「遠山の金さん」を演じたことがあります。

 

私は中学生の頃「江戸を斬る」を欠かさず見ていたので、

島本社長が「遠山の金さん」に見えましたよ。

 

ダメ上司がスカッと「成敗」されるのは池井戸作品のお約束ですが、

脇坂はいままでの悪役よりずっと憎らしかったので、

君嶋の「さっさと出ていけ!!」には溜飲が下がりました。

 

さてサイクロンズとの決勝戦ですが、

相手が相手だけに簡単には勝たせてもらえませんでしたね。

 

濱畑は選手生命をかけて試合に臨みましたが、

その凄まじい気迫がアストロズに勝利を呼んだんだと思います。

 

七尾という立派な後継者もいるので、

濱畑は安心して第一線を退くことができました。

 

君嶋の後任GMになりましたが、今後の活躍が楽しみですね。

 

柴門と津田監督が和解できたのも良かったです。

名将は名将を知ると言いますから、

今後はいい意味で切磋琢磨して行くでしょう。

 

でも、どうせなら、

君嶋と鍵原GMとのやり取りも見たかったです。

 

蹴球協会では満場一致で富永の解任が決議されたので、

鍵原GMも改革には賛成していたはずですから。

 

ともあれ、アストロズが消滅することも、

日本のラグビーが衰退することもなくなり、

本当に一件落着となりました。

 

君嶋と滝川はノーサイド精神について語り合っていましたが、

理不尽でやるせない時代だからこそ、

ラグビーという純粋なスポーツが必要という意見には、全面的に賛同します。

 

私は運動神経が鈍いので、

自分でスポーツをやりませんが、観戦するのは大好きです。

 

陸上競技と野球がとくに好きなんですが、

ラグビーは正直、あまり関心がありませんでした。

 

しかしノーサイド・ゲームにはまってから、

ラグビーのルールを勉強したり、

テレビでラグビーの話題が出ると、すかさずチェックしています。

 

ノーサイド・ゲームの最大の魅力は、 ラグビーという熱いスポーツを通して、

「どんな困難が襲ってきても逃げずに戦うこと」を教えてくれたことです。

 

平均視聴率は12.0%とそんなに高くなかったんですが、

池井戸作品の中では屈指の名作だと断言します。

 

Blu-rayディスクを購入しました!

 

 

ドラマのBlu-rayディスクは高いので、

いままで買ったことがなかったんですが、

ノーサイド・ゲーム】は何度も何度も繰り返して見たいので、

思い切って買ってしまいました。

 

特典映像がたっぷりついていますし、

ディレクターズカット版なので、ファンの人なら楽しめること請け合いですよ。

 

うちは娘がアストロズのファン、私がサイクロンズのファンなので、

ディスクを見ながら2人で盛り上がっています。