妙香のドラマ感想ダイアリー

好きなドラマやブログのこと、たまに音楽の紹介もします。

【麒麟がくる】第23話感想。義輝、夏の終わりに『将軍が疎まれる理由わかりません!』

f:id:sakura_9_go:20201004020749p:plain

 

麒麟がくる】第23話では、

将軍・足利義輝が配下武将たちに見限られ、

その治世が長くないことが描かれました。

 

でも、将軍のどこがダメだったのか、

イマイチよくわかりませんでした。

 

悪い家臣の言いなりになったとか、

夜な夜な宴会を開いて政治を疎かにしたとか、

ベタでもいいから何か理由がほしかったですね。

 

 

www.nhk.or.jp

 

 

【あらすじ】将軍の落日と駒の薬

 

越前から上洛した光秀(長谷川博己)は、

将軍・足利義輝向井理)に謁見して、

尾張織田信長染谷将太)を上洛させると言いました。

 

しかし、いざ信長と会見してみると、

信長は隣国・美濃の攻略で手いっぱいで、

上洛する余裕などまったくなかったのです。

 

信長はあとの話を新参の家臣・木下藤吉郎佐々木蔵之介)に任せ、

「軍議がある」と言って立ち去ってしまいました。

 

光秀は信長の対応に戸惑いましたが、

飲食をすすめる藤吉郎から「あらぬ噂」を聞いてしまいます。

 

それは将軍・義輝が、

三好長慶山路和弘)の息子に闇討ちされる可能性がある」という、

なんとも物騒な話でした。

 

光秀は藤吉郎の出まかせかと思いましたが、

近江の大名・六角氏からの情報ということで、

信憑性は確かだったのです。

 

しかもその暗殺計画の背後にいる人物が、

自分と懇意にしている松永久秀吉田鋼太郎)と聞き、

光秀は衝撃を受けました。

 

その頃・・・

 

二条御所にいる義輝は目を覚ましましたが、

部屋に控えているはずの家臣が誰ひとりいません。

 

義輝は「八幡大菩薩」と書かれた掛け軸の前にある甲冑を見て、

光秀と「麒麟」について語り合った時を思い出すのでした。

 

一方、大和の国では義輝の実弟で僧侶の覚慶(滝藤賢一)が、

村人たちに施しを行っていました。

 

駒(門脇麦)は覚慶に施しをする理由を尋ねますが、

覚慶は目の前にいる人しか助けられないと言うのでした。

 

駒は覚慶が自分と同じことを思っていたので共感しますが、

彼の口から「麒麟がくる世が来なければ・・・」と聞いて驚きました。

 

2人が話し込んでいると怪しげな人物が覚慶を狙ってきます。

 

覚慶は「市へ案内してくれ」と駒に言い、

狭い路地裏を走ることで、どうにか追っ手を巻くことができました。

 

駒が市で売られている亀や、踊り子たちの姿を眺めていると、

いつの間にか覚慶はいなくなっていました。

 

側近の細川藤孝眞島秀和)たちが迎えにきていたのです。

 

駒があっけにとられていると、

旅芸人一座の伊呂波太夫尾野真千子)が話しかけてきました。

 

伊呂波太夫は駒に「手作りの丸薬」を分けてほしいというのでした。

 

登場人物はこちら

 

www.nhk.or.jp

 

【感想】脳内補完がないと難しい話

 

この話、言わんとしてることは分かるんですよ。

 

もともと雰囲気のあるドラマですし、

キャストさんも演技力が確かな人ばかりです。

 

ただ、足利義輝が力を失ってしまう所は、

もう少し視聴者目線に立ってほしかったですね。

 

向井理さんが演じる将軍は、お顔や立ち振る舞いもキレイですし、

家臣にパワハラをするわけでもなく、

京都の町人に対しても恐怖政治をしていないので、

なんで人気がなくなったのか「???」でした。

 

それでも私のような歴史おたくなら、

「あの時の京都では三好一派やその他諸々が暗躍して、

あんなこととか、こんなことがあったからな・・・」と、

しっかり脳内補完ができます。

 

しかしごく普通に大河ドラマを見ている人たちには、

モヤッと感しか残らなかったと思います。

 

これが一昔前の大河ドラマだったら、

もっと詳しく畿内(京都周辺)の政争劇を展開しましたが、

昨今はキャストさんのスケジュールの関係や、

コンプラ等々で端折るしかなかったんですよ。

 

しかも【麒麟がくる】は沢尻エリカ氏の薬物問題や、

コロナ禍による撮影延期というダブルパンチを受けたので、

余計にドラマを作りづらくなってしまったんでしょうね。

 

そういう点ではスタッフに同情するしかありません。

 

駒さんをはじめオリキャラの出番が多いという意見もありますが、

彼らの正体や役割がまったく判っておらず、

描かれるべき歴史の話が抜けているから、風当たりがキツイんだと思います。

 

これは私の想像ですが、

彼らオリキャラ三人衆(駒さん、伊呂波さん、東庵先生)は、

脚本家さんが惚れ込んでしまったキャラなんでしょうね。

 

1994年に「花の乱」という大河ドラマがありましたが、

当時のメインライターだった市川森一さんは、

「構想を考えているうちに富子が2人になってしまった」といって、

主人公の日野富子オリキャラの姉妹がいたという設定を盛り込みました。

 

「花の乱」創作ばなし | 市川森一の世界

 

これって、現代だったら受け入れられなかったかも知れません。

 

何故なら、オリキャラの姉妹が本物の日野富子と入れ替わって、

将軍に嫁ぐという話でしたから。

 

麒麟がくる】の駒さんたちの立ち位置はいまだにハッキリしませんが、

いっそのこと「花の乱」みたく、光秀の親族や仲間にしてしまったほうが、

視聴者は「まあ、仕方ないか」と納得したでしょうね。

 

  • 駒=光秀の生き別れの妹
  • 伊呂波=公家世界を知る商人
  • 東庵=忍びの頭目

 

彼ら3人にこういったプロフィールがあれば、もっと面白くなったと思います。

 

光秀は信長に塩対応されるわ、

懇意にしていた松永の本性を見るわでたいへんでしたが、

家に帰ってきた時に敬語だったのが良かったです。

 

真面目で実直な彼が、あの「本能寺」を起こすとは到底思えませんが、

何かのキッカケで豹変してしまうのかも知れませんね。

 

前回の感想はコチラ

 

note-annon.hatenablog.jp