【ハラスメントゲーム】第2話感想。パートのおばちゃんの一揆は取締役の陰謀?

f:id:sakura_9_go:20201004013039j:plain

 

【ハラスメントゲーム】の第2話では、

マルオースーパー品川店のパート18人が、

「セクハラに遭った」と訴え出て、店を辞めたいと言い出しました。

 

秋津と真琴は真相を探るべく、パート社員たちの話を聞きますが、

原因は思わぬところにあったのです。

 

 

ハラスメントゲーム

ハラスメントゲーム

 

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

 

【あらすじ】開店寸前の品川店が大ピンチに

 

マルオースーパー品川店の開店が目前に迫っていました。

 

しかし突然、パート社員の大竹満寿子(余貴美子)をはじめ、

18人の店員たちが一斉に「辞めたい」と店長に申し出てしまいます。

 

店長の松本(田中幸太朗)は寝耳に水の出来事に驚きますが、

大竹は品川店にやってきた秋津(唐沢寿明)と真琴(広瀬アリス)に対し、

丸尾隆文(滝藤賢一)からセクハラを受けたと、

信じられないことを口にするのでした。

 

松本は「まさか」とつぶやきますが、

大竹をはじめ18人のパート社員が睨みつけたので、それ以上何も言えません。

 

秋津はセクハラの詳細について大竹に聞きますが、

「社長はご自分の胸にお聞きになって下さい。直接謝罪を求めます」 と、

怒りを露わにするばかりで何も語りませんでした。

 

大竹たちの団結振りを見た秋津は、

「パート一揆勃発か!カッコいいね!」と笑いますが、

真琴に「無責任です」とたしなめられてしまいました。

 

秋津は丸尾隆文社長に面会しセクハラについて尋ねますが、

社長はまったく身に覚えがないといいます。

 

品川店はオープン2日前の朝、

新店舗の顔となるフレッシュで美しいコンシェルジュを配置していました。

 

彼女たち3人に話を聞くと、

「実はパートさんたちと揉めた」といいます。

 

大竹らはコンシェルジュに挨拶の仕方などを教えていたのですが、

コンシェルジュはその世話焼き発言をうざったく感じてしまい、

「世話焼きハラスメント」だと思っていたのです。

 

さらに矢澤弁護士(古川雄輝)が持ってきた広報向けのインタビュー映像には、

丸尾隆文社長のとんでもない発言が収録されていました。

 

「品川店にはフレッシュで美しいコンシェルジュを配置した」

「生活に疲れたパートのおばさんを見るとガッカリする」

 

秋津たちは大竹がこの発言を聞いて怒ったのだと確信し、

大竹の自宅に出かけることにしました。

 

そこには18人のパート社員たちが集まっていました。

 

秋津は大竹になぜ社長の失言を知っているのか聞きますが、

どうしても打ち明けようとはしません。

 

そこで秋津は「自己都合で退職してもらうしかない」と、

ワザと冷たく言い放ちました。

 

真琴はひどいと思いましたが、

本当は辞めたくないと思っているパート社員をあぶり出すための、

秋津の巧妙な作戦だったのです。

 

【感想】スタッフを社内政治に利用しないで

 

私、滝藤賢一さんは大好きなんですが、

丸尾隆文社長の発言は「NG」だと思いましたよ。

 

確かに男性から見た女性は、

若くて美しいほうがいいのかも知れませんが、

会社のトップがそういうことを平気で言ってしまっては、

社員の士気が下がるのは当たり前です。

 

パートのおばちゃんを見るとガッカリするなんて、

上から目線にもほどがありますよね。

 

丸尾隆文社長は女性を傷つける発言をしたので、

半沢直樹】みたく土下座して謝らないとダメです。

 

滝藤賢一さん、近藤の時はやさしくていい人だったんですけどね。

 

真面目に働く従業員への愛情がないなら、

マルオーじゃなくて、ワルオースーパーになっちゃいますよ。

 

しかし、今回の事件には裏がありまして、

丸尾隆文社長を失脚させるために、重役が暗躍したのが真相でした。

 

秋津の宿敵は脇田という男なんですが、

彼はかつて秋津の部下だったんです。

 

7年前のある日。

 

脇田は「秋津にパワハラを受けた」と会社に報告し、

そのことが原因で秋津は左遷されてしまいました。

 

邪魔者を体よく追い払った脇田は順調に出世を重ね、

ついにはマルオーの常務になったんですよ。

 

野心家の脇田はトップを狙っているんですが、

そのためには丸尾隆文社長をを失脚させなければなりません。

 

今回のパート一揆事件は、脇田に心酔している水谷という役員が、

社長の失言を大竹に聞かせたことが原因でした。

 

水谷の狙い通りにことは運び、

パートのおばちゃんたちは激怒して一揆を起こしたんですよ。

 

でも、その水谷のはかりごとは秋津の活躍で失敗し、

パートのおばちゃんたちは無事にお店に戻りました。

 

めでたしめでたしです。

 

今回は事件解決のヒントを秋津の奥さんが与えましたが、

「女が4人集まればボスと手下ができる」というセリフが面白かったです。

 

確かに女性ってグループを作りやすいですし、

ボスになった人を敵に回すとコワイです。

 

ねえ、みなさん。

富山の女房一揆って知ってます?

あ、僕ね、富山中央店で店長やってたんだけど、

ちょうど今から100年前に富山の主婦が井戸端会議で 、

「米が高すぎる!」 「これじゃ飢え死にする!」って話したのが、

いわゆる米騒動の始まりだったらしいんです。

最終的には全国100万人の騒動になって、

総理大臣まで変わったっていうからスゴイよね。

トップを動かしたいなら、 手の内さらして戦ったほうがいいですよ。

 

女性の怒りは社会をも動かすというお話でした。

 

動画配信サイトはコチラ

 

【ハラスメントゲーム】に興味を持たれた方は、

以下の動画配信サービスで全話配信しているので、

ぜひご覧になってみてください。

 

登録後1ヵ月無料のU-NEXTがオススメですよ!

 

video.unext.jp

 

www.amazon.co.jp

 

www.hulu.jp

 

www.paravi.jp

 

「24JAPAN」も楽しみです!

 

唐沢寿明さんといえば、

10月9日から【24JAPAN】がはじまりますが、

どんな作品になるのか、いまからワクワクしています。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

この【ハラスメントゲーム】では、

昭和のおじさん丸出しのコンプライアンス室長でしたが、

【24JAPAN】ではまったく違うヒーロー像を演じてくれるでしょう。