妙香の感想ダイアリー

好きな映像作品や音楽の紹介をします。

【24JAPAN】第4話感想。姿なき暗殺者!狙われた娘たちは敵の人質?

f:id:sakura_9_go:20201010141131j:plain

 

【24JAPAN】の第4話では、

内通者として疑われていた水石の無実がわかりましたが、

支部長の鬼束によって、オフィスが封鎖されてしまいました。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

美有はテロリストの首領・神林のもとに送られましたが、

車にはねられた寿々は助からなかったようです。

 

www.videopass.jp

 

 

 

【あらすじ】裏切り者は水石ではなかった

 

麗(仲間由紀恵)の極秘情報を盗み取り、

CTUのカードキーに入れて外部へ持ち出したのは、

疑われていた水石(栗山千明)ではありませんでした。

 

水石は現馬(唐沢寿明)に身の潔白を証明したのですが、

そこで初めて麗の暗殺計画と、

CTU内に内通者がいることを聞かされます。

 

水石は暗号解析係の明智朝倉あき)と、

暗号化されたカードキー解読に取り掛かりました。

 

明智と水石は、麗と接点のない住所を解読することに成功します。

 

さらに解読を進めようとした2人ですが、突然データへのアクセスが遮断され、

次の瞬間、CTU内のすべての機器が封鎖されてしまったのです。

 

CTU第1支部長の鬼束(佐野史郎)の仕業でした。

 

現馬の行動に違和感を覚える南条(池内博之)は、

A班・班長である現馬するために、

ひそかに鬼束に連絡を取っていたのでした。

 

鬼束は本部長の郷中村上弘明)が殉職した時、

現馬が行動をともにしていたので、犯人だと思っていたのです。

 

CTUには厳戒態勢が布かれ、

職員たちは一切の外出を禁止されて今いますが、

現馬は機転を利かせて、外に出ることに成功します。

 

そして明智と水石が解読した住所に向かうのでした。

 

ホテルに戻った麗は夫の遥平(筒井道隆)から、

暗殺計画があることを聞かされました。

 

しかし以前からそうした動きがあったため、

動じることはありませんでした。

 

麗は自分のことより、息子の夕太(今井悠貴)が心配だったのです。

 

夕太には妹を暴行した男を殺したという疑惑があり、

そのことをキャスターの山城まどか(櫻井淳子)が、

ニュースで報道しようとしていたからでした。

 

現馬の娘・美有(桜田ひより)は、

車にはねられてしまった寿々(柳美稀)を助けようとしますが、

剛(犬飼貴丈)と研矢(上杉柊平)によって、

無理やり「ある場所」に連れて行かれました。

 

剛たちは神林(高橋和也)に美有の身柄を引き渡してしまいます。

 

現馬は姿を見せない暗殺者を相手に、

2人の警察官とともに銃撃戦を行うのでした。

 

登場人物(相関図)はこちら

 

www.tv-asahi.co.jp

 

【感想】先がまったく読めなくて面白い

 

【24JAPAN】の日本版はチープだという意見が多いですが、

幸いなことに私は、本場のジャック・バウアーを知らないので、

毎回、ドキドキしながら見ています。

 

どんな作品でもリメイク版というのは原作と比較されるものですが、

元は元、リメイクはリメイクとして、

どちらも楽しめばいいのではないでしょうか。

 

CTU内部のことや、誘拐された娘たちのこと、

そして総理候補の悩みなど、

バランスよく配分されていて、細かい演出も良かったと思います。

 

前回までは気になっていた若者たちの演技ですが、

だんだんとぎこちなさがなくなってきたようですね。

 

美有を無理やり連れて行くシーンなどは、

スゴイ迫力でちょっと怖かったですよ。

 

職質した白バイ警察官が、

美有の母親と寿々の父親のことを誤解するのも面白かったです。

 

2人は娘探しをしているだけで、

決してアヤシイ関係ではないんですが、

真夜中に一緒に外出していれば、

知らない人はそう思っちゃいますよね。

 

(でも、現馬は妻と別居中に、水石と付き合っていたんですが・・・)

 

ともあれ、まったく先がわからない話ですし、

キャストさんは大好きな人ばかりなので、

これからもしっかりチェックして行きますね。

 

IDカードをリニューアル

 

それから、CTUのIDカードを作り直しました。

 

f:id:sakura_9_go:20201031151551p:plain

 

吉川の読みは「よしかわ」ではなく「きっかわ」です。

 

娘の影響で吉川晃司さんの大ファンになったんですが、

実は戦国武将の吉川広家(毛利元就の孫)が気に入ったからなんですよ。

 

麒麟がくる】の足利義昭もいいんですが、

メアリー・スーで嫌われ者の駒とくっつきそうですし、

史実では信長にキツイ駄目出しを食らった人なので、

私は毛利家推しになりました。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

心機一転して気持ちも晴れたので、

これからはCTUの一員として、

和製ジャック・バウアーをサポートして行きますよ。