妙香の感想ダイアリー

好きな映像作品や音楽の紹介をします。

【24JAPAN】第5話感想。娘たちの命が危ない!暗殺計画と誘拐事件の接点は?

f:id:sakura_9_go:20201010141131j:plain

 

【24JAPAN】の第5話は大きく物語が動き、

誘拐事件に関わる人物が殺されるという衝撃的な展開でした。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

予想外の展開にビックリしましたが、

誘拐犯もテロリストにとっては、

駒のひとつに過ぎなかったんですね。

 

www.videopass.jp

 

 

 

【あらすじ】容疑者を逃走させる現馬

 

娘たちを捜す六花(木村多江)と函崎(神尾佑)は、

ホームレスの男から女の子が車にはねられたと聞かされます。

 

急いで病院に向かうと、

手術室へ運ばれる寿々(柳美稀)がいました。

 

寿々の容態といまだ行方がわからない美有(桜田ひより)が気がかりで、

六花は取り乱してしまいます。

 

そんな妻から電話で事情を聞いた現馬(唐沢寿明)は、

別の線から美有の行方を調べると告げ、警察署の取調室へ向かいました。

 

取調室にいるのは、

現馬の前で警察官を撃った陳元永福(渋谷謙人)でした。

 

陳元は朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関わる可能性がある男で、

美有が誘拐されたことも知っていたのです。

 

事件の黒幕と美有の居場所を突き止めるため、

現馬は陳元を尋問しようとしました。

 

しかし、CTU第1支部長の鬼束元司(佐野史郎)がやってきて、

「勝手な行動は慎め」と言われてしまいます。

 

麗は子供たちのことで悩んでいました。

 

2年前に息子の夕太(今井悠貴)が、

妹の日奈(森マリア)に暴行を働いた少年を殺害したというニュースを、

山城まどか(櫻井淳子)に報道されそうだったからです。

 

現場はとんでもない行動に出て、

容疑者の陳元を脱走させてしまいます。

 

それは麗の暗殺計画と美有たちの誘拐事件に、

つながりがあると睨んだからでした。

 

その頃、美有は神林(高橋和也)のもとにいました。

 

剛(犬飼貴丈)は神林から報酬をもらえると期待しますが、

寿々のことで嘘をついてしまったため、あえなく消されてしまうのでした。

 

登場人物(相関図)はこちら

 

www.tv-asahi.co.jp

 

【感想】謎がますます深まって来た

 

開始当初は「あくまで日本版ととらえるしかない」と思っていましたが、

ここに来てぐんと面白くなってきました。

 

現馬が娘の手掛かりを得るために容疑者を脱走させたり、

「寿々を殺した」と嘘をついた剛が、

神林に撃たれてしまうとは思いませんでした。

 

研矢を殺さなかったのは、剛みたいに生意気ではなく、

従順でおとなしい青年だったからなんでしょうか。

 

素直にいうことを聞く人間ほど、

悪人にとっては好都合な存在ですからね。

 

誘拐の実行犯の一人が消されたことで、

暗殺計画と完全につながっていることが証明されました。

 

現馬の読みは正しかったんですよ。

 

神林が美有を誘拐したのは、

彼女を人質にすることによって現馬の動きを封じ、

朝倉麗の暗殺計画をスムーズに行うためなんでしょう。

 

でも、ひとつ気になったことがありました。

神林が誰かと電話をしていて、計画の指示を仰いでいたんです。

 

私はてっきり神林が計画の首謀者だと思っていたので、

別の黒幕がいることにも驚きました。

 

来週も衝撃の新事実が出てきそうですね。