【ダイの大冒険】第1話感想。小さな勇者、ダイ

f:id:sakura_9_go:20201125122822j:plain

 

妙香(mica)です。

いつも当ブログにご訪問いただき、本当にありがとうございます。

 

 【ダイの大冒険】第1話の感想を書きました。

 

 原作は少年ジャンプ屈指の名作で、

コミックタイプが全37巻、文庫版タイプが全22巻あります。

 

【ダイの大冒険】はいちど、

1991年にアニメ化されてTBS系列で放送されたんですが、

局側の諸事情で完結することなく終わってしまいました。

 

当時は全46話だったんですが、

今回は何話まで放送されるのでしょうか。

 

dq-dai.com

 

原作:三条陸、稲田浩司

シリーズディレクター:唐澤和也

シリーズ構成:千葉克彦

キャラクターデザイン:宮本絵美子

音楽:林ゆうき

主題歌:「生きるをする」「Mother」マカロニえんぴつ

アニメ制作:東映アニメーション

制作:テレビ東京、ダイの大冒険製作委員会

演出:唐澤和也

作画監督:川村敦子

放送局:テレビ東京系列

放送日時:2020年10月3日

 

www.videopass.jp

 

【ダイの大冒険】はTELASAで絶賛配信中です。

1991年版のアニメも見れますよ。

 

月額618円(税込)と安く、登録後30日間は無料なのでオススメです!

 

 

第1話のあらすじ

 

モンスターだらけのデルムリン島に暮らすダイは、

世界を救う勇者に憧れる男の子です。

ある日、島に「勇者一行」が訪れてダイは大喜びするのですが・・・

 

登場人物(敬称は略させていただきました)

 

dq-dai.com

 

ダイ(未来の勇者)・・・種崎敦美

 

ブラス(ダイの育ての親)・・・緒方賢一

ゴメちゃん(世界で1匹の珍獣)・・・降幡愛

 

でろりん(ニセ勇者)・・・下野紘

ずるぼん(ニセ僧侶)・・・日笠陽子

まぞっほ(ニセ魔法使い)・・・岩崎ひろし

へろへろ(ニセ戦士)・・・間宮康弘

 

ロモス王・・・塾一久

 

音楽がゲームとは違うがそれもいい

 

私はけっこう少年ジャンプの作品を読んでいるんですが、

【ダイの大冒険】は中でもいちばん好きで、

全37巻を何度も読み返したほどです。

 

実は最初に読んだ頃、

主人がリストラされて経済的苦境で苦しんでいたので、

【ダイの大冒険】に出てくる数々の名言には、

たくさん勇気をもらい助けてもらいました。

 

そんな「恩人」ともいえる【ダイの大冒険】が再アニメ化されると知り、

ドラクエオタクの娘と踊って喜んだのですが、

期待と同時に一抹の不安もありました。

 

それはキャラデザが大幅に変えられることでした。

 

アニメはよく過去の作品がリメイクされると、

初期設定とはまったく違うものになることがあるので、

ダイや仲間たちの顔が別人になるのではないかと、

娘と2人で心配していたんですよ。

 

ところが、そんな心配はご無用でした。

 

今回のリメイク版の制作を担当したのは、

1991年と同じ東映アニメーションだったので、

声優さんの交代はあったものの、

キャラデザの大幅な変更はなかったんです。

 

今回は最後までやってくれそうな予感がしますが、

ひとつだけ惜しいと思うところがありました。

 

ドラクエゲームの音楽を使っていないことです。

 

しかし林ゆうきさんは数々のドラマで名曲を作った方ですので、

とてもセンスのあるBGMに仕上がっていますよ。

 

再びダイが復活したのは本当に嬉しいので、

私も大冒険を楽しむことにします。

 

久々にドラクエもプレイしたくなりました。

 

次回の予告/レオナ姫は素敵なヒロインです

 

www.youtube.com