【青天を衝け】第1話感想。栄一、目覚める

f:id:sakura_9_go:20210215150233j:plain

 

妙香(mica)です。

いつも当ブログにご訪問いただき、本当にありがとうございます。

 

【青天を衝け】第1話の感想を書きました。

とびっきり元気でいろんなことに興味を持つ栄一が可愛かったですね。

 

お蚕のダンスシーンは賛否両論のようでしたが、

私は昔を思い出して懐かしくなりましたよ。

 

www.nhk.or.jp

 

制作:NHK

放送局:NHK

脚本:大森美香

演出:黒崎博、村橋直樹、渡辺哲也、田中健二、川野秀昭

音楽:佐藤直紀

語り:守本奈美

プロデューサー:板垣麻衣子、藤原敬久

制作統括:菓子浩、福岡利武

放送日:2021年2月14日

 

video.unext.jp

 

【青天を衝け】はU-NEXTで配信中です。

NHKオンデマンドを自由に使えるのはありがたいですね。

 

月額2189円(税込)と高めですが、登録後30日間は無料で視聴できますよ。

 

 

第1話のあらすじ

武蔵国血洗島に住む栄一は好奇心旺盛な少年だった。

栄一は岡部藩が護送するひとりの罪人に興味を持つ。

水戸徳川家では斉昭が可愛がる七郎麻呂が一橋家に養子入りした。

 

おもな登場人物(敬称略)

 

www.nhk.or.jp

 

主人公

 

渋沢栄一(吉沢亮)※少年期は小林優仁

 

主人公の家族

 

渋沢市郎右衛門(小林薫)

渋沢ゑい(和久井映見)

渋沢なか(小田菜乃葉)

 

渋沢家一族

 

渋沢喜作(高良健吾)※少年期は石澤柊斗

渋沢宗助(平泉成)

渋沢まさ(朝加真由美)

 

尾高家

 

尾高新五郎(田辺誠一)

尾高やへ(手塚理美)

尾高長七郎(須東煌世)

尾高千代(岩崎愛子)

 

水戸徳川家

 

徳川斉昭(竹中直人)

吉子(原日出子)

藤田東湖(渡辺いっけい)

武田耕雲斎(津田寛治)

 

一橋家

 

徳信院(美村里江)

平岡円四郎(堤真一)

 

江戸幕府

 

阿部正弘(大谷亮平)

歌橋(峯村リエ)

徳川家祥(渡辺大知)

徳川家慶(吉幾三)

徳川慶喜(草彅剛)※青年期は笠松基生

 

囚われの侍

 

高島秋帆(玉木宏)

 

ナビゲーション

 

徳川家康(北大路欣也)

 

栄一は群馬ともゆかりがある人物

 

渋沢栄一の名前は知っていましたが、

具体的にどんなことをしたのか全く知らなかったですし、

ネットでは来年や再来年の作品が話題になっていたので、

正直なところ、あまり期待はしていませんでした。

 

でも、蓋を開けてみたら、

なかなか爽やかでいい感じじゃないですか。

 

主人公の元気な少年時代から描くというスタンスは、

【坂の上の雲】によく似ていますし、

のどかな農村を駆け回るところは、

最近はまっているドラクエ11を想起させます。

 

そう、ロープレっぽい作りなんですよ。

 

だから好みが分かれると思いますが、

吉沢亮さんのファンや、日曜日には明るいドラマが見たい方には、

自信をもってオススメできますね。

 

ちなみに私には直球ストライクな作品でした。

 

実は私の母方の祖父は、

地元の前橋で製糸業を営んでいた人だったので、

幼い頃は栄一のように蚕をお世話したことがあったんです。

 

また40年以上前に住んでいた山名という町は、

あたり一面が桑畑でして、

私は学校へ行くたびにその中を突っ切って行きました。

 

栄一が従兄弟と友だちのように遊んでいたのも、

幼少期の私と同じだったので驚いてしまいました。

 

栄一の出身地は現在の埼玉県深谷市なんですが、

群馬とは非常に近いんですよ。

 

www.city.fukaya.saitama.jp

 

そのせいか話し言葉が群馬弁にソックリなんですよね。

 

栄一の母「思い浮かべてみな。

とっさまの気持ち、かっさまの気持ち。

おまえを心配してくれた姉さまや、

おじさま、おばさまや、働き手みんなの気持ちを」

 

栄一「そんなにたくさん思い浮かべるのはたいへんだに」

 

栄一の母「思い浮かべんの。

人は生まれてきたその時からひとりではないんだよ。

いろんなものと繋がっているんだよ。

それをここ(胸)の奥底だってわかってんだよ」

ひとりじゃないことを。

 

栄一「おお、ここ(胸)か!」

 

栄一の母「ここ(胸)に聞きな。

それが本当に正しいか、正しくないか。

あんたが嬉しいだけじゃなくて、

みんなが嬉しいのがいちばんなんだで」

のちに日本を動かす経済人となる栄一ですが、

彼の功績の一つに「官営富岡製糸場」の創設があります。

 

あの有名な世界遺産を作ってくれたのは、栄一だったんですね!

 

www.jomo-news.co.jp

 

【青天を衝け】は嬉しいことに視聴率が20%の大台を超えましたが、

明るくてわかりやすい作風が多くの人に支持されたんだと思います。

 

登場予定のキャストに一抹の不安はありますが、

昨年の【麒麟がくる】のようなアクシデントがなければ、

かなりの良作になるのではないでしょうか。