【24JAPAN】最終回感想。数々の謎が解明されないままのバッドエンドに・・・

f:id:sakura_9_go:20201121132127j:plain

 

妙香(mica)です。

いつも当ブログにご訪問いただき、本当にありがとうございます。

 

【24JAPAN】最終回の感想を書きました。

 

原作は悲劇的な終わり方をするというので、

日本版も同じになると予想していましたが、

まさか現馬も生死不明になるとは思いませんでした。

 

ビクター一味もあっさり倒されてしまいましたし、

謎もがっつり残されてしまったので、

最終回としてはすごく消化不良でしたよ。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

制作:テレビ朝日

放送局:テレビ朝日

日本語版脚本:長坂秀佳

日本語版脚本協力:山浦雅大

監督:大塚徹

音楽:奈良悠樹

チーフプロデューサー:五十嵐文郎

放送日:2021年3月26日

 

www.telasa.jp

 

【24JAPAN】はTELASAで絶賛配信中です。

配信限定のSP版も見ることができますよ。

 

月額618円(税込)と安く、登録後30日間は無料なのでオススメです。

 

 

最終回のあらすじ

 

麗は爆弾テロから助かったが美有の身を案じて「死んだふり」をする。

だがビクターに内通する水石(LUNA)は麗の生存を報告していた。

さらに水石は現馬に美有が水死したとニセ情報を流す。

 

登場人物(敬称略)

 

www.tv-asahi.co.jp

 

主人公とその家族

 

獅堂現馬(唐沢寿明)・・CTU第1支部A班の班長

獅堂六花(木村多江)・・現馬の妻

獅堂美有(桜田ひより)・・現馬の娘

 

原作でのポジション

 

現馬/ジャック・バウアー

六花/テリー・バウアー

美有/キム・バウアー

 

朝倉家

 

朝倉麗(仲間由紀恵)・・日本初の女性総理候補。民生党のリーダー

朝倉遥平(筒井道隆)・・麗の夫。政治面でも妻をサポートする

朝倉夕太(今井裕貴)・・麗の長男

朝倉日奈(森マリア)・・麗の長女

 

原作でのポジション

 

麗/デイビッド・パーマー

遥平/シェリー・パーマー

夕太/キース・パーマー

日奈/ニコール・パーマー

 

麗の関係者

 

長田孫六(綾田俊樹)・・麗の選挙参謀

 

原作でのポジション

 

長田/マイク・ノヴィック

 

CTUのメンバー

 

水石伊月(栗山千明)・・CTU第1支部A班チーフ

南条巧(池内博之)・・CTU第1支部A班暗号解析係

マイロ(時任勇気)・・CTU第2支部暗号解析係

鬼束元司(佐野史郎)・・CTU第1支部長

 

原作でのポジション

 

水石/ニーナ・マイヤーズ

南条/トニー・アルメイダ

マイロ/マイロ・プレスマン

鬼束/ジョージ・メイソン

 

テロリストたち

 

アンドレ林(村上淳)・・ビクターの長男

ビクター林(竜雷太)・・テロ組織のリーダー

 

原作でのポジション

 

アンドレ林/アンドレ・ドレ―ゼン

ビクター林/ビクター・ドレ―ゼン

 

契約で大幅なシナリオ改変ができなかった

 

CTUには内通者の「LUNA」がいたので、

六花の身がすごく心配だったんですが、

残念ながら敵の手にかかってしまいました。

 

「LUNA」がサーバー室で、

極秘データを消去しているのを目撃してしまったので、

六花は口封じのために殺害されてしまったんですが、

たぶん会議室にいてもダメだったと思います。

 

「LUNA」は六花のことが嫌いでしたから。

 

スパイは二重の顔を持つ

 

「LUNA」こと水石が内通者だったことに多くの人が驚きましたが、

それは最初の数時間の彼女が、六花と美有を助けるために動いたからでしょうね。

 

でもスパイというのは、怪しまれないために二重の顔を持ちます。


「LUNA」が謎の組織からCTUに送り込まれたのは、

ある国家的な陰謀を成し遂げるためでした。

 

それは朝倉麗の暗殺計画です。

 

ビクターと「LUNA」は同じ組織の仲間

 

「LUNA」は謎の組織の関係者と英語で話しており、

CTUを去ったあとはメキシコに潜伏せよと命令を受けていました。

 

謎の組織はおそらく『有名な超大国』の指示で動いてるんでしょうね。

 

その国にとって朝倉麗が総理になることは、

非常にマズイことなんだと思います。

 

そこで麗に私怨のあるビクター林を利用して、

麗を亡き者にする計画を立てました。

 

ビクター林は麗だけではなく、

妻子が死んだ原因を作った現馬にも恨みを持っていたので、

現馬のいるCTUにも工作員を派遣する必要がありました。

 

そこで大抜擢されたのが「LUNA」でした。

 

「LUNA」の誤算は現馬を本気で好きになったこと

 

水石はもともとそんなに悪い人じゃなかったんでしょうね。

 

スパイとしての芝居があったとはいえ、

六花と美有を助けるために動いてた時の様子を見ると、

それなりに良心があったように思えます。

 

ビクターたちは現馬のせいで家族が死んでしまったので、

同じ苦しみを味わわせたいという深い恨みがありますが、

水石は組織からの命令を貫徹すればよかっただけなので、

六花と美有に悪感情はなかったと思うんですよ。

 

それが変わってしまったのは、

六花が妊娠していることを水石に打ち明けたからです。

 

(ただし六花にも親しい男性がいたので、本当に現馬の子どもなのかはわかりませんが)

 

すでに南条と付き合っているとはいえ、

まだ現馬に対して特別な感情を持っている水石は、

六花が現馬との夫婦関係を修復させたのが、ショックだったんですよ。

 

「ガチ恋」している相手に配偶者がいるのも嫌なものですが、

その配偶者が幸せモードならなおさら面白くないでしょうね。

 

そもそも「LUNA」というコードネームを持つスパイが、

現馬を本気で好きになったことが誤算だったんですが、

感情というのはどうしても理屈じゃ割り切れないものです。

 

だから最後に下手を打ってしまいましたが、

闇落ちしてしまった理由はわからなくもないですね。

 

そもそも現馬は所帯持ちですし、

周囲がどうなってもいいほど家族が大事なら、

自分のカミさん以外の女性と付き合わなきゃいいんですよ。

 

結局、六花は亡くなり、

水石は裏切り者として逮捕されるという、

最悪のバッドエンドになってしまいましたから・・・

 

シーズン2は無理でもスペシャルは見たい

 

視聴率が思ったほど振るわなかったですし、

原作のシーズン2では核兵器が登場するので、

日本版24の続編はないと思いますが、

何しろ大量に謎が残ったので回収はしてほしいですね。

 

・航空機爆破を行った女とスナイパーのその後

・美有といい感じになったKENはどうなった

・麗と遥平は本当に離婚したのか

・CTUの爆破テロに巻き込まれた現馬の運命

 

他にもツッコミどころやモヤモヤしたところが満載で、

放送が終わったのにスッキリしない気分なんですが、

契約の都合上で大幅にシナリオを変えることができなかったんですね。

 

私は唐沢寿明さんが好きですし、

このドラマの音楽が気に入っていたので、

2クールという長い期間を完走することができましたが、

原作を知る方や脚本に難ありと思った方はたいへんだったと思います。

 

だからできれば、2時間スペシャルとかやってほしいですね。

日本ならではの作風で「その後」を描いてほしいです。

 

でも【24JAPAN】のおかげで、

原作のほうに興味を持つことができたので、

そういう意味では成功した作品ではないでしょうか。

 

それにしても「獅堂現馬」という名前はユニークでしたね。

 

「シドー」という響きはドラクエ2のラスボスを連想させましたが、

現馬も頭に血が昇ると破壊神になっていたので、

こういうネーミングになったのかも知れません。